ネットオークションで切手の売買

ネットオークションでの落札の意味

ネットオークションで売買されている切手は、ありふれた未使用記念切手などではなく、使用済み切手や古封筒(エンタイア)などの一品物であるか、稀少価値のある未使用の切手です。そのため、相場のはっきりしないものが少なくありません。予想外に安く買えたり、熾烈な競争で高くなりすぎたりもします。このことは、駄目でもともとの感覚で安めの指し値で入札し、買えればラッキーという買い方が価格面で賢い買い方になります。その代わり、欲しいものが買えない場合が殆どです。
オークションで競争相手に勝つということは、誰も知らない稀少価値を自分一人が発見できて安く買えるか、誰もが知っている稀少価値を競り上げて一番高く買ってしまうことになります。オークションでの真の勝者は、前者です。

ネットオークションを賢く活用する

ネットオークションで予想外に安く買えた場合、転売すべくネット買取査定に出して、落札価格より高く売れる場合、売ってしまうのも一法です。また、落札できたのは良かったものの、写真で見た感じと大きく違い、処分したくなる場合もあります。同じオークションに出すわけにもいかず、ネット買取査定に出す場合も出てきます。
切手収集に売り買いは付き物ですから、何通りもの売買ルートを持っていることが大事です。種類の異なる売買ルートを持ち、それぞれの長所短所を熟知し、賢く使い分けることができれば、理想的です。切手収集の最終的に行き着く先は、売却です。購入の達人であるだけでなく、売却の達人でもあることが、収集家にとって重要なことになってきます。

© Copyright Unit Of Time. All Rights Reserved.